不動産投資&収益物件

 今から定期的に収入が得られるような投資を探している方、もしくは何かの不動産物件を経営して見たい方は一度読んでみる事をオススメします。不動産で定期的に収益が見込める手段を皆さんにひっそりお教えいたします。

不動産投資

 今後少ないリスクで利益を上げたい方にオススメ「不動産投資」です。不動産投資の基本的な流れは収益がありそうな物件に投資を行い利益得る方法です。具体的には不動産会社が利益を得るためにマンションやアパート、貸し店舗などを建設する際に投資家が投資を行ないたい建物に投資し、人が入り利益が出てきたらその利益を投資家達で分配する方法です。不動産投資のリスクはソコソコ有りますが株式等に比べたら断然低く、また投資する建物(土地)の価値が下がり難い事から定期的に収入が入る投資方法として人気が高いです。しかし投資を場所を誤ると収入に見込みがなくなるため少しでも先見性のある物件を見分けられないといけない難しさも重ね合わせているため、不動産会社がわざと収益のない物件を進めてきたりする場合でも自信で見分ける力が必要です。また自然災害(地震・津波)等で物件の価値が著しく下がるリスクもあるため自然災害の多い日本ではあまり安定した収入を見込める物件は少ないのも事実です。

収益物件

 基本的な利益の出し方は上記と同じですが違うのが収益をだす物件を個人で所有しているかどうかです。つまりアパートやマンション、テナントと言った貸し物件を持っていて、人や企業が入り定期的な収入が有る物件の事です。最近では「土地活用」などで今まで遊んでいた土地をマンションやアパートに建て替えて定期的に収入を得る方法がメジャーになってきていますが、最近ではそういった居住施設が乱立しすぎて入居者が少なくなっているのが現実です。そのため短期賃貸型に変更する物件や物件自体を住居施設から別の店舗へ切り替える所有者が出始めているのが現状です。

 基本的に都心部にある土地や建物は定期定期に収入が見込めるため誰でも簡単に購入できる収益物件ですが、都心部は人気が高いため初期投資が高く利率から初期投資を引いた利益が出るまでに時間が掛かります。また都心部は値段の上下が激しいため購入時期を誤ると購入金額が大きくなりすぎるためリスクが若干大きくなっています。その点都心部から離れた郊外の収益物件は比較的安定した金額の初期投資と利益が出るため初心者でも簡単に手が出せるのが魅力です。しかし郊外の収益物件は人の出入りが緩やかなため購入の段階である程度人が入る予測が立っていないと収益を出す事が難しく、最悪、設備投資の方が収益より金額がかかりすぎる結果になる場合も有ります。

有料老人ホーム

近年新たな収益物件として注目されているのがバリアフリーの物件ですです。日本の超高年齢化社会に比例して需要が伸びており、バリヤフリー対策の施された物件が好まれるようになってきているのです。といっても実際にバリアフリーにするにはとてもお金がかかります。ご老人がいる場合なども年齢と共にバリアフリーにする段階も高くなっていき、つどつどバリアフリーにしていてはお金が持ちません。そこでオススメするのが有料老人ホームです。要介護段階のご老人をご家族だけで介護するのは非常に難しい事です。しかし有料老人ホームでしたら介護専門のスタッフがいるため安心です。また、医療機関とも連携している有料老人ホームがほとんどですので万が一のときにもスムーズに対応することができます。金額麺では短期的にみればバリアフリーの方が安上がりになる可能性が在りますが、長中期的にみると有料老人ホームを利用した方が各種サービスを受けれるためお得な気がします。
今後も有料老人ホームの需要は拡大の一途をたどると思われます。今から何か始めようと思っている方、もしくは自身の第二の人生の場所として有料老人ホームをお考えの方は情報を集めてみてはいかがでしょうか?ちなみに有料老人ホームの中には高級ホテル顔負けなサービスと値段を提示している施設もありますので、優雅な余生を過ごしたいとお考えの方は探してみてはいかがでしょうか。

Favorite

2015/4/2 更新

Copyright (C) 2009 丑月不動産会社 All rights reserved.